脱毛の前後は飲んじゃダメ!どうしてアルコールはいけないの?

脱毛前に少し飲みたいと思っても我慢して

脱毛機を使ってスタッフが施術している最中も、自分は横になっていればいいわけですから、脱毛ってとても簡単に受けられるもののように思えます。しかし、脱毛前の過ごし方にはいくつかのルールが定められているんですよ。有名なものだと予防接種を受けている場合や、肌の乾燥が酷い場合は施術を断られる可能性があります。そのほかに絶対に避けておきたいのが、アルコールの摂取です。お酒を飲んだ状態の体は熱がこもりやすくなるので、レーザーや光を照射された時に肌が赤くなったりかゆみを感じることが増えます。時には脱毛中に気分が悪くなってしまうことも…。お店の人にとっても迷惑になるので、脱毛の前の日はお酒を飲まないようにしましょうね。

脱毛が終わった後のお酒も駄目!

施術後の過ごし方やアフターケアについての指導がある時に聞かされることですが、脱毛後も当然アルコールを摂取してはいけません。体温が上昇してしまい、かゆみなどを感じるようになるからです。かゆみなどの他にも肌の乾燥を進行させてしまうので、脱毛の効果を低下させてしまうというデメリットもあります。脱毛当日は入浴ではなくシャワーだけにする必要があるのも、まったく同じ理由です。せっかく高い料金を支払ってお手入れをしているのに、本来得られるはずの脱毛効果が得られなかったら勿体ないですよね。お酒を飲むのは、肌に起こる諸症状が落ち着いてからにしましょう。アルコールを分解するスピードは個人差も大きいですが、念のために翌日まで禁酒するのがおすすめです。